ニュースヘッドライン

【ヴィクトリアM】レイパパレ 坂路単走で気合注入4F52秒9で完璧!高野師自信「100点」

2022年05月12日

 大阪杯2着から距離短縮のレイパパレは栗東坂路でシャープな身のこなし。デビュー2戦で連勝実績がある久々のマイル起用で能力全開だ。
 レイパパレがこれまで挑んだG1は過去に5度。昨年の大阪杯で頂点に立った2000メートル戦は香港カップ(6着)を含め3回。2200メートル戦は宝塚記念3着とエリザベス女王杯6着で経験。1600メートルの距離でのG1参戦は今回が初めてとなる。これが禁断の果実(※手を出してはならないの意味)であるなら、主役危うし…だが、どうやらそんな空気ではない。騎手も調教師も会見で大歓迎の口ぶりを披露するのだから恐れ入る。「切望していた1600メートルをやっと走れる。(これまでは)彼女に我慢を求めていたが、この距離でどういう走りができるのか楽しみでならない」と公言するのは川田だ。スタミナの消費に頭を悩まさなくていいのだろう。折り合い面から道中ペースが流れるマイル戦でこそ最大のパフォーマンスを発揮できるという見立てだ。

 追い切りは坂路単走で4F52秒9〜1F12秒6を計時。勾配がきつくなるラストを流すのではなく、気合を注入しての登坂。高野師は「1週前(坂路4F54秒4〜1F12秒5)はやり過ぎず、やらなさ過ぎずで(この日も)似たようなコンセプト。全体の時計は求めていない。いい当該週の追い切り」と目を細めた。さらにリップサービスか?点数を問われるや「100点と言いましょう」と満点評価を与えたほどだ。

 血統のバックボーンもある。全兄シャイニングレイが2000メートルの重賞を勝ったのは2歳時のホープフルS(14年、当時G2)だったが、以降は低迷するとスランプ脱出に放った一手が距離短縮。すると1400メートルの安土城Sから1200メートルのCBC賞(いずれも17年)と復活の2連勝を遂げた実績が脳裏にあるはず。ゆえに指揮官は同厩の兄の経験から妹も、ここ一番で距離短縮に踏み切った。「G1は一つ勝つだけでも威張れるが、複数となると本当に能力のある馬に限られる。評価をさらに上げる意味で負けられない気持ちです」と高野師は言葉に力を込めた。


スポニチアネックス

バックナンバー

的中情報はこちら

. .