レース回顧(過去コラム)

【緑風S】(東京)内から鋭く伸びたアルビージャがオープン入り

2022年05月16日

東京10Rの緑風ステークス(4歳以上3勝クラス・芝2400m)は3番人気アルビージャ(横山武史騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分24秒3(良)。3/4馬身差の2着に2番人気カレンルシェルブル、さらにアタマ差の3着に4番人気ヴェラアズールが入った。

アルビージャは美浦・手塚貴久厩舎の4歳牡馬で、父モーリス、母アロマティコ(母の父キングカメハメハ)。通算成績は9戦4勝。

レース後のコメント
1着 アルビージャ(横山武史騎手)
「折り合いが難しく、ゲートの中での立ち方が良くないなど、課題はありました。危惧していた通り、難しいところはありましたが、スタートはスムーズで折り合いもつきました。スムーズに行けると思って最後は内を突きましたが、掘れた馬場も気にせず走れました。良かったです」

3着 ヴェラアズール(戸崎圭太騎手)
「外枠でしたし、ポジションを取っても良いと思っていましたが、取れる感じでもなかったので、ドンと構えて行きました。最後はしっかりと伸びてくれましたし、タフな競馬は良いですね」

4着 トゥーフェイス(C.ルメール騎手)
「内枠からでしたし、スタートが良くなかったので、後ろからになりました。最後は伸びてくれましたが、持ち味である長く良い脚を使えませんでした」


2022/05/14(土) 16:08
ラジオNIKEEI

バックナンバー

的中情報はこちら

. .