重賞過去10年分析◆別據

プロキオンステークス 過去10年分析

2022年07月07日

日曜の小倉は最高気温30℃前後。雲が広がりますが、今のところ馬場に影響はなさそうです。
ここでは過去10年の気候成績を中心に、激走注目馬を抽出していきます。

                      寒      涼 
   着順 人気    馬名        暖     暑・酷暑
2012  1  12  トシキャンディ   [0・0・0・5] [1・1・0・2]
(暑)                [1・1・0・1] [2・1・1・3]
        
    2  4  アドマイヤロイヤル [0・3・0・3] [1・1・0・1]
                   [4・2・2・0] [0・2・1・1]
     
    3  1  ファリダット    [0・1・3・5] [1・2・0・7]
                   [4・0・1・5] [0・0・1・5]
     
2013  1  2  アドマイヤロイヤル [0・3・0・4] [1・2・0・2]
(酷暑)               [5・3・2・0] [0・3・1・1]
        
    2  5  セイクリムズン   [3・0・2・6] [4・0・1・6]
                   [2・2・1・0] [0・1・1・2]
     
    3  1  ダノンカモン    [1・3・1・8] [1・1・1・3]
                   [3・2・0・0] [3・1・1・7]
     
2014  1  1  ベストウォーリア  [2・1・0・2] [1・0・0・0]
(暑)                [1・0・1・0] [1・1・0・0]
        
    2  2  キョウワダッフィー [5・1・1・2] [0・3・1・0]
                   [0・1・0・0] [2・0・2・0]
     
    3  10  ガンジス      [2・3・0・3] [1・1・0・0]
                   [1・0・1・2] [1・0・1・1]
     
2015  1  4  ベストウォーリア  [2・1・1・3] [1・0・0・0]
(酷暑)               [1・0・1・0] [2・1・0・0]
        
    2  2  コーリンベリー   [3・0・0・1] [1・0・0・1]
                   [1・1・0・0] [0・1・0・2]
     
    3  8  キョウワダッフィー [5・1・1・5] [0・3・1・1]
                   [0・1・0・0] [2・1・2・1]
     
2016  1  1  ノボバカラ     [1・1・3・1] [1・1・1・1]
(酷暑)               [2・1・0・2] [0・0・0・2]
        
    2  3  ニシケンモノノフ  [0・1・0・4] [2・0・0・1]
                   [2・2・0・4] [1・0・0・3]
     
    3  2  キングズガード   [1・1・1・0] [2・1・0・0]
                   [1・2・2・2] [2・1・2・0]
     
2017  1  5  キングズガード   [1・1・1・2] [2・1・0・0]
(暑)                [1・3・2・3] [3・2・3・0]
        
    2  1  カフジテイク    [4・1・2・3] [1・0・1・1]
                   [1・0・1・2] [1・1・0・4]
     
    3  6  ブライトライン   [1・0・1・10] [1・2・0・6]
                   [5・0・3・5] [0・0・1・4]
     
2018  1  5  マテラスカイ    [3・1・0・3] [1・1・0・2]
(酷暑)               [0・1・0・1] [1・0・0・3]
        
    2  1  インカンテーション [2・1・2・7] [2・1・0・3]
                   [2・0・1・1] [4・0・1・2]
     
    3  2  ウインムート    [1・0・0・3] [1・0・0・5]
                   [0・2・0・3] [6・0・0・3]
     
2019  1  2  アルクトス     [1・0・0・1] [2・1・0・1]
(暑)                [1・0・0・1] [2・0・0・1]
        
    2  3  ミッキーワイルド  [0・2・0・1] [2・1・1・0]
                   [2・1・0・0] [0・0・0・2]
     
    3  4  ヴェンジェンス   [1・1・1・4] [1・1・1・0]
                   [1・1・1・0] [3・3・0・3]
     
2020  1  5  サンライズノヴァ  [2・3・1・4] [0・0・1・3]
(暑)                [4・1・0・0] [1・1・0・2]
        
    2  8  エアスピネル    [1・2・1・0] [2・0・1・1]
                   [0・1・1・4] [1・0・1・3]
     
    3  9  ヤマニンアンプリメ [5・0・0・4] [0・1・0・4]
                   [1・1・0・2] [0・0・1・2]
     
2021  1  9  メイショウカズサ  [0・0・0・1] [0・2・0・2]
(暑)                [2・1・0・2] [2・1・0・1]
        
    2  14  トップウイナー   [1・3・0・4] [1・1・0・0]
                   [1・0・0・3] [2・4・1・2]
     
    3  12  メイショウウズマサ [1・0・1・1] [3・0・1・2]
                   [0・0・1・2] [0・0・0・5]

※成績は中央に限ります。

・過去10年の人気別成績
・1番人気馬【2・2・2・4】
・2番人気馬【2・2・2・4】
・3番人気馬【0・2・0・8】
・4番人気馬【1・1・1・7】
・5番人気馬【3・1・0・6】
・6番人気馬【0・0・1・9】
・7番人気〜【2・2・4・87】
(過去10年の気候 暑:6回 酷暑:4回)

1〜2番人気は2勝を含む連対率40%、複勝率60%。
5番人気が最多の3勝を挙げている。
激走馬は過去10年で9頭。内5頭が直近2年

〇注目ポイント
〃秡馬9頭中4頭が、暑〜酷暑で2勝。内2頭が寒で未勝利。
12年 12人気1着 トシキャンディ   [2・1・1・3] 寒 [0・0・0・5]
15年 8人気3着 キョウワダッフィー [2・1・2・1]  
21年 9人気1着 メイショウカズサ  [2・1・0・1] 寒 [0・0・0・1]
   14人気2着 トップウイナー   [2・4・1・2]  
  
⊂倉ダート1700mの開催となった昨年の連対馬2頭が、小倉ダート1700mで連対実績あり。
21年 9人気1着 メイショウカズサ(20年 九州スポーツ杯 1人気1着)
   14人気2着 トップウイナー(20年 小倉城特別 4人気2着)
  
小倉ダート1700mの開催となった昨年の馬券圏内3頭が、4コーナー1〜4番手。
21年 9人気1着 メイショウカズサ  キきキ
   14人気2着 トップウイナー   ↓↓↓
   12人気3着 メイショウウズマサ ´´´
  
し秡馬9頭中5頭が、前走2桁着順。
14年 10人気3着 ガンジス(14年 すばるS 2人気10着)
17年 6人気3着 ブライトライン(17年 アハルテケS 7人気10着)
20年 8人気2着 エアスピネル(19年 函館記念 4人気13着)
21年 9人気1着 メイショウカズサ(21年 アンタレスS 10人気15着)
   14人気2着 トップウイナー(21年 目黒記念 16人気16着)

〇激走注目馬
・メイショウウズマサ
昨年同レース(暑)は12番人気3着。
6連対すべて、逃げでの実績。

・エブリワンブラック
暑で連勝実績あり。寒では[0・1・0・5]。
前走スレイプニルSは10着も一変に期待。

・エクレアスパークル
昨年夏の2走は4,2着。
同舞台で8番人気1着の実績あり。

↓↓↓

★「穴馬レーダー!11」購入ページはコチラ


※穴馬レーダー!11詳細は下のバナーよりご覧いただけます。



バックナンバー

的中情報はこちら

. .