最新のコラム

重賞激走馬(穴馬)分析◆別據バックナンバー

2024年04月18日

2024 福島牝馬S 重賞激走馬(穴馬)分析

土曜の福島は予想最高気温20℃と先週に比べて暑さが和らぎます。 ここでは過去10年の気候成績...

ニュースヘッドライン

2024年04月18日

【マイラーズC】トゥードジボン 巻き返しへ意欲、四位師「自分のリズムで運べれば」

トゥードジボンが巻き返しに意欲を燃やす。前走の六甲Sはタフな重馬場で本来の伸びを欠いて11着。  四位師は「馬場の影響もあったけど、大事に乗りすぎたかな。テンが速くなっても(ハナへ)行かせる形の方が良さそう」と見通しを語った。この舞台は2勝、3着1回と...

2024年04月18日

【福島牝馬S】ウインピクシス 直線グンと加速、上原博師「無理せず10秒台が出たね」

土曜福島メイン「福島牝馬S」の最終追い。7戦連続G3起用となるウインピクシス(5=上原博)が好気配だ。松岡が騎乗した最終追いはWコース5F67秒4〜1F10秒8。インコースを通ったとはいえ、直線の伸びは目を引いた。  上原博師は「輸送を控えた当該週ということで気...

2024年04月18日

【福島牝馬S】タガノパッション 仕上がりに納得、武幸師「条件は悪くないので改めて」

火曜追いのタガノパッションは坂路を単走で力強く駆け上がった。最後まで楽な手応えで4F54秒3〜1F12秒4を刻んだ。  武幸師は「先週しっかり調整しているので(時計が)速くなり過ぎないようにとのオーダー。順調です」と納得の表情。前走の中山牝馬Sは6着。「最内...

2024年04月18日

【福島牝馬S】フィールシンパシー 軽快な脚さばき、小島師「体の方はできている」

フィールシンパシーが火曜追いをWコースで行った。単走で6F85秒8〜1F12秒1(馬なり)。軽快な脚さばきで駆け抜けた。  小島師は「追った後にゲート確認で1日取りたかったのと、火曜はWコースが(実戦と同じ)右回りなので。体の方はできているし、気持ちも入ってい...

2024年04月15日

【皐月賞】ジャスティンミラノ無敗1冠! 戸崎&友道師も歓喜の涙「康太が後押ししてくれた」

3歳牡馬クラシック第1弾「第84回皐月賞」が14日、中山競馬場で行われ、2番人気ジャスティンミラノがデビュー3連勝。従来のコースレコード(15年中山金杯=ラブリーデイ)を0秒7更新し、昨年のソールオリエンスに続き史上21頭目となる無敗の皐月賞馬に輝いた。同馬は...

的中情報はこちら

. .