馬場気候評価馬的中情報

レース回顧(陣営コメント)(月)

【アーリントンC】(阪神)ホウオウアマゾンが直線脚を伸ばし3度目の重賞挑戦で初制覇

2021年04月19日

阪神11Rの第30回アーリントンカップ(3歳GIII・芝1600m)は1番人気ホウオウアマゾン(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒2(重)。1馬身1/4差の2着に10番人気リッケンバッカー、さらに3/4馬身差の3着に7番人気レイモンドバローズが入った。

ホウオウアマゾンは栗東・矢作芳人厩舎の3歳牡馬で、父キングカメハメハ、母ヒカルアマランサス(母の父アグネスタキオン)。通算成績は6戦3勝。

レース後のコメント
1着 ホウオウアマゾン(川田将雅騎手)
「無事に勝てて良かったです。ゲートはスムーズに出られましたし、並びは良かったですし、道中のリズムもとても気持ち良さそうに、しっかり走り切ることができていたと思います。馬っぷりが大分良くなっているのは調教に乗せて頂いた時から感じていたんですけど、今日の返し馬で改めて良い馬に成長したなと感じました。どうしてもちょっとまだ身体の弱い部分が残ってはいるので、今日も気にしてる部分がありますので、その辺が解消されてくればもっと良い走りができると思います。本当に毎週末、有力馬に乗せて頂いていますので、その馬たちが勝ち切ってくれてありがたく思います。また明日も大事なレースが待っていますので、全力で準備をしていきたいと思います。その前にこのあと最終レースもありますので、しっかりと働いていきたいと思います」

2着 リッケンバッカー(幸英明騎手)
「初めて乗せてもらいましたが、能力のある馬です。一瞬、前をつかまえられそうな感じでしたが、前も楽をしていましたから...」

3着 レイモンドバローズ(浜中俊騎手)
「スタートは上手でしたが、少し道中は力むようなところがありました。そこがもう少し力まないようになれば良いですね。でもこの良いメンバーの中、3着に来たというのは先の見通しは広がります」

4着 ピクシーナイト(福永祐一騎手)
「馬は落ち着いて、良い走りを見せてくれました。最後は踏ん張りがきかなかったというのは、次にGIが控えていますから、そういう意味で、次に向かって悪くない内容だと思います」

5着 ワールドバローズ(和田竜二騎手)
「良い位置を取れましたが、勝ち馬はスッと伸びていますね。(この馬も)しぶとく最後までひと伸びしているのですが...。でも先々楽しみだと思います」

6着 ノースザワールド(藤岡康太騎手)
「ゲートを出てから、進路が狭くなり、後方からの位置取りになってしまいました。それでも最後は反応してくれて、脚を使ってくれました」

10着 バルドルブレイン(富田暁騎手)
「前走同様、今日も周りを気にしながらフワフワ走っていました。ただ最後は、しっかりと脚を使ってくれました」

11着 ジュリオ(C.ルメール騎手)
「馬場ですね。下が緩くて、ずっとハミを取ってくれませんでした」

13着 ジャスティンカフェ(北村友一騎手)
「前走より良い雰囲気でリズム良く走っていましたが、直線で脚を取られて、バランスを崩してしまいました」

2021/04/17(土) 16:52
ラジオNIKKEI

バックナンバー

的中情報はこちら

. .