馬場気候評価馬的中情報

最新のコラム

穴馬データ分析バックナンバー

2020年05月18日

2020オークス−カレンブーケドールなど、過去10年の激走馬に共通する特徴とは?

今週はオークスが行われます。舞台は東京芝2400m、この時季の牝馬には過酷な距離で樫の女王...

ニュースヘッドライン

2020年05月21日

【オークス】筆頭マリリン自由自在先行 手塚厩舎の超豪華3頭併せ馬

 オークス3頭出しの手塚厩舎は、その3頭で併せ馬の超豪華版。Wコースで前からマルターズディオサ、ウインマリリン、インターミッションの順。直線は厩舎のTマークが入ったメンコが3つ並んでの併せ馬。横山武(レースは横山典)を背に真ん中に入ったマリリンが2頭を...

2020年05月21日

【オークス】ウーマンズハート、余力残し12秒8 西浦師は変わり身に期待

 桜花賞で16着に敗れたウーマンズハート。この中間は明らかな攻め姿勢。前進を感じる。最終追いの坂路で4F52秒2〜1F12秒8の時計を余力残しで刻んだが、実質的な本追い切りは17日(日曜)に完了している。  ポリトラックで長めから追われ、6F81秒9〜1F11秒5。西浦...

2020年05月21日

【オークス】チェーンオブラブ、上々1馬身先着 小笠師「最後の反応も思っていた通り」

 チェーンオブラブはWコースで5F67秒0〜1F12秒4。トゥルボー(4歳1勝クラス)を2馬身追走し、上々の反応で内から1馬身先着した。小笠師は「順調に来たかな…と思います。距離を考えて追走して、最後の反応も思っていた通り。桜花賞(11着)の疲れも取れている」と話...

2020年05月21日

【平安S】ロードレガリス、余裕の手応えでフィニッシュ 野中師「予定通り」

 京都土曜の「第27回平安S」で重賞初制覇を狙うロードレガリス(牡5=野中)は、CWコースで軽快な動き。3馬身後方から追い掛けたドゥーカ(7歳3勝クラス)に半馬身届かなかったが、最後まで余裕のある手応えでフィニッシュした。  野中師は「やれば動くけど、先...

2020年05月14日

【ヴィクトリアM】サウンドキアラ、“荒れた坂路”でも力強い伸び ラスト1F12秒3

 重賞3連勝中。好メンバーがそろった今回でも目が離せない一頭へと成長したサウンドキアラは、松山を背に馬場の荒れた時間帯の坂路に登場。単走で力強く伸び、4F51秒6〜1F12秒3を軽々とマークした。「最後まで余力があった。時計も申し分なく動きも良かった」。コン...

的中情報はこちら

. .