レース回顧(過去コラム)

【CBC賞】(小倉)逃げたテイエムスパーダが直線で他馬を突き放しレコード勝ち

2022年07月05日

小倉11Rの第58回CBC賞(3歳以上GIII・芝1200m)は2番人気テイエムスパーダ(今村聖奈騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分05秒8(良)。3馬身半差の2着に3番人気タイセイビジョン、さらに半馬身差の3着に1番人気アネゴハダが入った。

テイエムスパーダは栗東・五十嵐忠男厩舎の3歳牝馬で、父レッドスパーダ、母トシザコジーン(母の父アドマイヤコジーン)。通算成績は7戦4勝。

レース後のコメント
1着 テイエムスパーダ(今村聖奈騎手)
「嬉しいです。チャンスのある馬に乗せていただき、馬は最高の状態に仕上げていただいていたので、あとは人がどうアプローチするかがカギだと思っていました。馬の力を信じて自信を持って乗れたのが良かったと思います。小さい時から、重賞やGIを見て来たので、逆の立場からすると感慨深い気持ちもありますが、馬の邪魔をしないことがやるべきことかと思っていました。スタート直後に、他の馬の妨害をしてしまったのは申し訳なかったです。昨日今日と前々につける馬に乗せていただき、いろいろ試行錯誤してこのレースに向き合いました。直線は、モニターを見てセーフティーリードだと思いました。最後までハンドライドで追うことを意識していました。逃げ切る気持ち良さをしみじみと感じながら、人馬一体になれたのではと思います。お客様に喜んでいただけたなら最高です」

2着 タイセイビジョン(川田将雅騎手)
「勝ち馬とは9キロ差ありながらここまで頑張ってくれたので素晴らしい走りでした」

3着 アネゴハダ(藤懸貴志騎手)
「スタートが決まりましたし、取りたい位置を取れましたし、ロスなくレースができたと思います。全力を出し切ってよく頑張りましたが、勝った馬が強かったです」

4着 スマートリアン(秋山真一郎騎手)
「ゲートの開く直前に、頭を下げてしまいました。集中させていましたが・・・その分位置取りが思った通りではありませんでしたので悔やまれます。能力のある馬だけに・・・」

5着 メイショウチタン(荻野極騎手)
「あまりにも極端な馬場傾向でしたからね。最後は脚を使っていますがさすがに届きませんでした。展開が向かなかっただけですし、この馬なりに力を出し切っています」

7着 スティクス(幸英明騎手)
「勝ち馬について行きましたが、最後は離されました。時計も速すぎた感じです」

10着 アンコールプリュ(藤岡康太騎手)
「最後は反応してくれているのですが時計が速すぎました」

12着 ファストフォース(松山弘平騎手)
「外枠で斤量のこともあり前半から一杯一杯でした」

14着 シホノレジーナ(角田大河騎手)
「この馬なりに止めるところが出てしまいました。良い所を走らせてあげれば良かったです」


2022/07/03(日) 16:53
ラジオNIKKEI

バックナンバー

的中情報はこちら

. .