馬場気候評価馬的中情報

レース回顧(陣営コメント)(月)

【秋華賞】(京都)デアリングタクトが史上初となる無敗での牝馬3冠達成

2020年10月19日

京都11Rの秋華賞(3歳GI・牝馬・芝2000m)は1番人気デアリングタクト(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分0秒6(稍重)。1馬身1/4差の2着に10番人気マジックキャッスル、さらに3/4馬身差の3着に9番人気ソフトフルートが入った。

デアリングタクトは栗東・杉山晴紀厩舎の3歳牝馬で、父エピファネイア、母デアリングバード(母の父キングカメハメハ)。通算成績は5戦5勝。

レース後のコメント
1着 デアリングタクト(松山弘平騎手)
「ホッとした気持ちと、関係者の皆さんに感謝の気持ちで一杯です。今日はパドックでもイレ込みがありましたが、しっかりレースをしてくれると信じていました。ゲートでうるさいところがありましたけれども、上手に出てくれてました。折り合いもついて、流れに乗って、良い競馬ができました。力のある馬ですし、強い馬がたくさんいましたが、一番強いと信じていました。すごい力を発揮してくれたと思います。身体も大きくなって、良い成長をしてくれたと思います。すごくうれしく思います。こういった馬に出会えて幸せです。感謝したいです」

2着 マジックキャッスル(大野拓弥騎手)
「良いスタートが切れました。この馬場はギリギリかなと思ったので、リズム良く走りたかったですし、勝ち馬の後ろから良い形で運べました。こういう馬場でも辛抱強く走ってくれました」

3着 ソフトフルート(藤岡康太騎手)
「少しゲートの中でテンションが上がって、伸び上がるようなスタートになりました。うまく出してあげられなかったことが悔やまれます。切りかえてじっくり行ったら、長く良い脚を使ってくれました。ですから余計にスタートが悔やまれます」

4着 パラスアテナ(坂井瑠星騎手)
「勝ち馬を見ながら、思った位置取りで運ぶことができました。3、4コーナーでもたつきましたが、4コーナーでまたハミを取って、直線では一瞬やったかなという手応えでした。能力を感じました。チャンスをいただいた関係者の皆さんに感謝します」

5着 ミスニューヨーク(長岡禎仁騎手)
「外枠からのレースでしたが、内から2頭目で運べて、位置取りは良かったです。4コーナーで下がってきた馬とゴチャついたところはありましたが、終いは良い脚でラストまで頑張ってくれました。力のあることを感じました。チャンスをいただいた関係者の皆さんに感謝します」

7着 マルターズディオサ(田辺裕信騎手)
「ゲートでうるさい面を見せましたが、逆にとても良いスタートになりました。引くのももったいないので、逃げる形になりました。本当はもっとペースを落としたかったのですが、後続の追撃がありましたからね。そんなに速いペースというわけではありませんでしたが、内枠ということもあって、馬場の傷んだところを通らざるを得ませんでした。それが最後に脚が上がった要因かもしれません。桜花賞でもオークスでも秋華賞でも馬場に泣かさました。本当はもう少し距離が短い方が走れるかもしれません。これまで(長いところでも)頑張ってくれました。これからは得意な距離で頑張ってもらいたいです」

8着 ムジカ(秋山真一郎騎手)
「スタートをボコッと出て、そのロスが痛かったです。そのせいか、最後はジリッぽくなりました」

9着 ウインマイティー(和田竜二騎手)
「ゲートの中がうるさくて、落ち着かない様子でした。3コーナーで狭いところに入ったのもあるのか、最後に思ったよりも脚を使えませんでした」

13着 リアアメリア(川田将雅騎手)
「桜花賞も重たい馬場で、力を出せませんでした。これだけ乾いてきたので、こなせるかなと思いましたが、まだ乾き切っていないところが堪えました。良い位置で進めることができましたが、3コーナーで手応えが怪しくなり、直線では余力がありませんでした」

14着 ミヤマザクラ(福永祐一騎手)
「やりたいレースはできましたが、これからという時に脚をとられました。馬場が悪い中、内枠でインコースを走らざるを得ませんでしたから、辛かったですね。コンディションは良かったです」

15着 ウインマリリン(横山武史騎手)
「毎回乗るたびに本当に良い馬と思っていましたが、今日はその本来の良さが見られませんでした。久々の分の影響があったのでしょうか。本来のこの馬はこんなに負ける馬ではありません」

2020/10/18(日) 17:57
ラジオNIKKEI

バックナンバー

的中情報はこちら

. .