馬場気候評価馬的中情報

レース回顧(陣営コメント)(月)

【セントライト記念】(中山)バビットが逃げ切って重賞2勝目を挙げる

2020年09月23日

中山11Rのセントライト記念(3歳GII・芝2200m)は4番人気バビット(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分15秒0(良)。1馬身半差の2着に1番人気サトノフラッグ、さらに半馬身差の3着に2番人気ガロアクリークが入った。

バビットは栗東・浜田多実雄厩舎の3歳牡馬で、父ナカヤマフェスタ、母アートリョウコ(母の父タイキシャトル)。通算成績は6戦4勝。

レース後のコメント
1着 バビット(内田博幸騎手)
「ラジオNIKKEI賞を勝ちましたが、メンバー的に1勝クラスの馬が多くて、フロック気味に見られていたので、ここでどのようなパフォーマンスをしてくれるかが楽しみでした。なかなか良いスタミナで、最後もしぶとく粘りを見せてくれました。今後も楽しみな馬です。ハナには何回も行っていますが、ゲートでは大人しい馬です。しかしスッと出てくれる馬なので、私はそれに合わせただけです。道中のペースはそれほど速くないと思っていましたし、今の中山のコース的には、これ以上ペースを上げてはいけないと思っていました。前回もそうでしたが、4コーナーを回ってからの走りが力強く、スピードに乗ってくれます。馬がそのような走りを覚えているのでしょうか。(次は)距離は延びますが、折り合いがつくので、良い形でこの馬のレースができれば、チャンスはあると思います」

2着 サトノフラッグ(戸崎圭太騎手)
「イメージ通りの競馬でしたが、怖いと思っていた馬に勝たれました。止まってはいないのですが、坂では休み明けの分かなという動きだったので、これを使って良くなると思います」

3着 ガロアクリーク(川田将雅騎手)
「返し馬から休み明けという感じでしたが、それでもここまで頑張ってくれました。本格的に良くなるのは、来年以降だと思います」

4着 ラインハイト(北村友一騎手)
「+10キロも太くなく、良い状態でしたし、成長を感じます。上手に競馬をしていますが、最後の伸びてほしいところでジリッぽくなりました」

5着 ヴァルコス(三浦皇成騎手)
「休み明けでしたが、体も成長していて、良い競馬ができました。荒削りですが、最後に差を詰めて来ていますし、力があります。これを使って距離延長なら楽しみです」

6着 ココロノトウダイ(丸山元気騎手)
「折り合いがつかなくてのこの結果ならまだわかるのですが、折り合いはついていました。距離は2000mくらいが良いのかもしれません」

7着 フィリオアレグロ(M.デムーロ騎手)
「出して行って前目につけたかったのですが、ごちゃごちゃして、後ろの位置になりました。調教では瞬発力を見せていたので、大丈夫かなと思っていましたが、3,4コーナーではついていけませんでした」

2020/09/21(月) 17:00
ラジオNIKKEI

バックナンバー

的中情報はこちら

. .