馬場気候評価馬的中情報

レース回顧(陣営コメント)(月)

【京都記念】(京都)秋華賞馬クロノジェネシスが今年初戦を快勝

2020年02月17日

京都11Rの京都記念(4歳以上GII・芝2200m)は1番人気クロノジェネシス(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分16秒4(重)。2馬身半差の2着に2番人気カレンブーケドール、さらに1馬身3/4差の3着に3番人気ステイフーリッシュが入った。

クロノジェネシスは栗東・斉藤崇史厩舎の4歳牝馬で、父バゴ、母クロノロジスト(母の父クロフネ)。通算成績は9戦5勝。

レース後のコメント
1着 クロノジェネシス(北村友一騎手)
「強かったです。道中のリズムも良かったですし、4コーナーを回ってくるときの手応えも十分に感じていたので、その手応え通り、最後までしっかりと脚を使ってくれました。調教師からは落ち着いていると聞いていた通り、返し馬やゲートの裏でも落ち着いていたので、それが道中の折り合いにつながったのだと思います。体重が示す通り(+12キロ)、馬がパワーアップしています。2200mでも勝ったことで選択肢が広がりました。どこの競馬場でもしっかりとパフォーマンスを見せたいと思います」

(斉藤崇史調教師)
「今年初戦としては良かったです。馬場が荒れてどうかと思いましたが、道中の折り合いも良かったです。このあとはリフレッシュさせて次を考えたいです。体が増えたのは成長分で、どんどん良くなっています。もっと良くなりそうな気もします」

2着 カレンブーケドール(津村明秀騎手)
「休み明けの分、今日は馬が大人しかったです。馬場を気にしていたのかゲートを出ても進まず、前半は無理せずに行きました。まだ本調子ではなく走りづらそうな中、これだけよく走りました。勝った馬はこのような馬場が得意なようです」

(国枝栄調教師)
「スタートして進んで行かず、腹をくくって下げて、馬場の良いところを走らせたようです。頑張っていましたが、勝った馬は強く、全然この馬場を気にしていなかったようです。このあとはまだ確定はしていませんが、ドバイへ行く予定です」

3着 ステイフーリッシュ(岩田康誠騎手)
「自分の競馬をして、直線で外に持ち出した時にはこれならと思ったのですが、勝ち馬の瞬発力が一枚上でした」

6着 アメリカズカップ(和田竜二騎手)
「道悪が得意だったので、不良になってほしかったです。それでもそんなには負けていません」

8着 ドレッドノータス(坂井瑠星騎手)
「イメージしていた通り勝ち馬の後ろでレースをしましたが、ペースが上がってから苦しくなりました」

9着 ガンコ(松田大作騎手)
「長期休養明けでしたが、頑張っています。次には良くなっていると思います」

2020/02/16(日) 17:12
ラジオNIKKEI

バックナンバー

的中情報はこちら

. .