馬場気候評価馬的中情報

レース回顧(陣営コメント)(月)

【シンザン記念】(京都11R)〜サンクテュエールが追い比べを制す

2020年01月14日

京都11Rのシンザン記念(3歳GIII・芝1600m)は2番人気サンクテュエール(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒9(良)。クビ差の2着に5番人気プリンスリターン、さらに4馬身差の3着に9番人気コルテジアが入った。

サンクテュエールは美浦・藤沢和雄厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト、母ヒルダズパッション(母の父Canadian Frontier)。通算成績は3戦2勝。

〜レース後のコメント〜
1着 サンクテュエール(C.ルメール騎手)
「前走はペースが遅く2番手で引っ掛かり負けてしまいましたが、この馬は能力があります。今日はちょうどいいレースになりました。ずっと冷静に走れていましたし、最後は内ラチと馬の間でいい脚を使いました。普段スタートは速いのですが、今日は遅れてしまいました。うまく挽回できましたし、余力があり、いい競馬ができました」

2着 プリンスリターン(原田和真騎手)
「言うことはないのですが......。荒れている馬場を苦にせず馬なりで追走できました。ただ、勝ち馬にあの位置で馬なりでいられると......。今日のような形も差す競馬もできますし、相手なりに作戦を立てていけます」

4着 オーマイダーリン(武豊騎手)
「スタートは出なかったですね......。まだキャリアも浅いですし、3〜4コーナーで小さな不利もありました。今後は良くなっていくと思います」

5着 ヴァルナ(福永祐一騎手)
「もう少しペースを落としたかったのですが......。長くいい脚を使えますし、何とか3着に残したかったんですけどね」

6着 タガノビューティー(和田竜二騎手)
「追走は楽でしたし、行きっぷりも良かったです。伸びてはいるんですが、詰め切れない辺り、展開がハマらないといけませんね」

7着 ルーツドール(川田将雅騎手)
「枠的に外を回らないといけない形でしたが、負けすぎです」

(藤岡健一調教師)
「状態云々という感じではなく体調は良かったのですが、変に気負っていました。現時点ではなんともいえませんが、能力は出していません」

2020/01/12(日) 16:54
ラジオNIKKEI

バックナンバー

的中情報はこちら

. .