馬場気候評価馬的中情報

レース回顧(陣営コメント)(月)

【エリカ賞】(阪神)〜ヒュッゲが直線で後続を振り切る

2019年12月09日

阪神9Rのエリカ賞(2歳1勝クラス・芝2000m)は3番人気ヒュッゲ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分0秒6(良)。1馬身1/4差の2着に5番人気チュウワノキセキ、さらにハナ差の3着に2番人気ディアスティマが入った。

ヒュッゲは栗東・友道康夫厩舎の2歳牡馬で、父ハーツクライ、母ムーンライトダンス(母の父Sinndar)。通算成績は3戦2勝。

〜レース後のコメント〜
1着 ヒュッゲ(川田将雅騎手)
「終始自分のリズムで走れました。良い流れでした。よく頑張ってくれました」

2着 チュウワノキセキ(武豊騎手)
「折り合いはついていましたし、ラストもよく伸びてくれました」

3着 ディアスティマ(北村友一騎手)
「スッと切れるタイプではないと分かっているので、スローペースでヨーイドンの競馬は嫌だなと思っていました。案外ペースは流れていて、この馬としては流れは良いのかなと思いました。3〜4コーナーからずっと促していましたが、直線に向いた時もバテずに伸びていました。2戦目を考えれば、初戦より競馬内容は良くなっています」

4着 ケヴィン(四位洋文騎手)
「2回目でテンションが上がっていました。ゲートがうまく出ませんでした。あの形の競馬になりましたが、口向きに難がありますし、教えながらの競馬でした。最後は来ていますし、素質はありそうです。間違いなく良くなってくるでしょう」

2019/12/07(土) 15:40
ラジオNIKKEI

バックナンバー

的中情報はこちら

. .