馬場気候評価馬的中情報

ニュースヘッドライン

【皐月賞】勝浦デイジー伸びた シャドーロール効果抜群

2019年04月11日

【G1ドキュメント・美浦=10日】雨と新たに着用したシャドーロールを除けば、ニシノデイジーの最終追いは弥生賞と似たシチュエーションだった。勝浦を背にWコース&単走は当時と同じ。軽く促した程度で、体全体を使って力強く伸びた。6F67秒4〜1F12秒8。小田はノートに迷わず「◎」を付けた。弥生賞時同様、視察に訪れた西山茂行オーナーは「順調だね。シャドーロールの効果もあるようだね。(美浦に来て)プレッシャーをかけた方がいいんだ」と笑い、勝浦を激励した。

勝浦は「雰囲気はとてもいい。満足しています」と好感触。1番人気の弥生賞はまさかの4着。「正直、道悪はいいと思っていたが…。悪いを通り越して、当日はなかなかない馬場(重馬場)になっていた」と敗因の一つに挙げた。中間はハミを元に戻し、シャドーロールを着用した。勝浦は競馬開催日以外、調教に連日騎乗。「今の方が信頼関係は築けていると思う」と効果も感じ取っている。

昨年7月の函館新馬戦(2着)からずっと乗り続けている相棒。札幌2歳S→東京スポーツ杯2歳Sは強烈な追い上げで重賞V2。前が詰まる不利があったG1ホープフルS(3着)の惜敗からも“1冠”の資格は十分に備えている。

高木師も「週末の雨マークは気になるけど、馬はとてもいい状態。勝浦君が毎日乗っていることでコンタクトも取れています」と出来とチームとしての結束を強調した。鞍上も「負けてはいるけど、中山2000メートルがベストという思いは変わりない。位置とかは決めず、この馬のリズムで走らせてあげたい」と熱く語った。弥生賞の敗戦だけで評価が下がるようなら…。小田は高配の使者として、目を光らせていた。

スポニチアネックス

バックナンバー

的中情報はこちら

. .