馬場気候評価馬的中情報
穴馬レーダー・渾身の穴馬リスト的中情報

レース回顧(陣営コメント)(月)

【エプソムC】(東京)〜サトノアーサーが残り200mで先頭に立ち重賞初V

2018年06月11日

東京11RのエプソムC(3歳以上GIII・芝1800m)は2番人気サトノアーサー(戸崎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒4(重)。半馬身差の2着に4番人気ハクサンルドルフ、さらに3/4馬身差の3着に5番人気グリュイエールが入った。

サトノアーサーは栗東・池江泰寿厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト、母キングスローズ(母の父Redoute"s Choice)。通算成績は11戦4勝。

〜レース後のコメント〜
1着 サトノアーサー(戸崎騎手)
「スタートがよく、思ったよりいい位置につけることができました。緩い馬場も問題なく、手応えよくレースができました。初めて乗せてもらいましたが、今日の勝ちっぷりならこれから先、楽しみな馬だと思います」

2着 ハクサンルドルフ(川田騎手)
「返し馬の様子から、馬場は大丈夫だと感じていました。直線では自分の脚をしっかり使って、精一杯頑張っています」

3着 グリュイエール(福永騎手)
「もう少し前でレースをしたかったのですが、馬場もあって前走ほど行きっぷりがよくなかったです。直線ではジリジリ伸びていましたが、左にモタれていて、その分2着を取り損ねました。ただ、長期休養明け2戦目でよく頑張っていますから、今後が楽しみです」

4着 サーブルオール(C.ルメール騎手)
「このレベルは初めてでしたが、よく頑張っています。距離は1800
〜2000mあたりがよさそうです。この馬場で大変でしたが、力のある馬ですから重賞を勝つ力は十分にあります。一戦毎によくなっています」

6着 ベルキャニオン (石橋騎手)
「これまでは力んでしまいモタれていましたが、今日は我慢できるようになっていました。それもあって3〜4コーナーもスムーズに行けて、直線では手応えを感じました。次につながるいいレースができました」

12着 スマートオーディン(武豊騎手)
「入れ込みは以前よりよくなってしましたが、途中から気負って力んで走っていました。能力を感じるので、このまま無事にいってくれれば今後が楽しみです」

14着 ダイワキャグニー(菊沢隆徳調教師)
「ボコボコした馬場に気を遣って走っていたようです。内側に入る形になりましたが、手応えがあれば外に出せていたでしょう」

2018/06/10(日) 17:47
ラジオNIKKEI

バックナンバー

的中情報はこちら

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

. .