馬場気候評価馬的中情報
穴馬レーダー・渾身の穴馬リスト的中情報

馬場レベル×馬キャラ

棟広良隆コラム-京都芝、「良」ならば時計はそこそこ

2018年01月11日

<京都>

月曜日は雨の為、時計を要しました。日曜日12R 平場戦<1000万以下>(芝千六)のブランドベルグが1.34.1。1000m通過が57.5秒というHペースながら押し切りました。同馬の新味を出したレースでしたが、良好な馬場レベルが下地にないと押し切れない流れです。月曜日の道悪競馬での馬場損傷をチェックする必要はありますが、「良」ならば時計はそこそこのものがマークされるでしょう。

日経新春杯<G2>(芝二四)は、昨年の覇者ミッキーロケットが今年も登場。前走の中日新聞杯で<2>着と好走しての参戦。今年も好勝負可能でしょうが、トップハンデで他馬との斤量差がポイントとなります。

モンドインテロは、距離不足と思われた前走のチャレンジCで0.1秒差。ニ四に延びた今回は更なる期待が持てます。

ロードヴァンドールは中日新聞杯でミッキーロケットに0.1秒遅れての<3>着。展開利はここでも得られそうですが、ニ四をこなすかどうかが課題です。

ソールインパクトは、強敵揃いのアルゼンチン共和国杯で<2>着と健闘。早い上がりに対応出来るかどうかがポイントだけに、馬場レベルが鍵となります。

カラビナ、ガンコ、サンタフェチーフ、トルークマクト、ヒットザターゲット、ベルーフあたりの食い込みが叶えば好配当も期待出来そうです。


<中山>

月曜日11R カーバンクルS<OP特別>(芝千二)のナックビーナスが1.08.3。小雨が降っていましたが、馬場レベルには影響を及ぼさない程度のもの。34.2−34.1秒というラップも平凡です。時計を要する重い芝です。

京成杯<G3>(芝二千)は、ここと同舞台の葉牡丹賞を勝ったジェネラーレウーノが人気の中心となるでしょう。

コスモイグナーツは、前走の東京スポーツ杯2歳Sはテン34.7秒という暴走ペースで失速。

続きは競馬天気無料コラム会員へのご登録でお読みいただけます。ご登録済みの方はこちらからログインをお願いいたします。

続きを読む

バックナンバー

的中情報はこちら

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

. .